さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2018年04月17日

こころの伴走者療法の実際 受験ノイローゼに苦しむ親子

皆は自分の前にテーマパークという鏡を置き、鏡に映った将来の自分の姿を見てそれに酔い閉じ込められていきます。

カウンセリングで、近い将来の受験に苦しむ親子に出あう事も多いのです。

このような場合こころの伴走者療法に連絡があったとき、先ずカウンセラーはただ聴きます。親子の苦しみを理解します。

それにプラス「『予測により不安になる』ことは当然」とカウンセラーと前向きに考えていきます。さらに「『記憶により不幸になる』ことも当然」とカウンセラーは続けます。

受験ノイローゼに苦しむ親子は試験の『予測により不安』になり、その結果もっと勉強すればよかったと「『記憶により不幸になる』のです。ただしかんじんかなめの今が抜け落ちています。この理解により、受験ノイローゼから抜け出します。

このように将来の不安を、今のエンジンとするためにこころの伴走者はともに走り続けます。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 57 (2018-12-14 13:46)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 56 (2018-12-12 13:00)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 55 (2018-12-10 13:25)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 54 (2018-12-08 14:20)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 53 (2018-12-07 13:15)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 52 (2018-12-06 15:24)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
こころの伴走者療法の実際 受験ノイローゼに苦しむ親子
    コメント(0)