さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2018年07月03日

こころの伴走者の実際 人生の危機における支え

鈴愛の原作に秋風がアレンジし作品は完成します。

カウンセリングで人生の危機に苦しむ人と、それを支える人に出あいます。

鈴愛の原作は、とても良い内容です。ところが人生の危機は、良いものを持ちながらアレンジできない状態です。

人生の危機に苦しむ人を支えるには、それをアレンジできるようにサポートします。それが秋風による鈴愛の作品の完成です。



  

Posted by counsellor at 14:18Comments(0)カウンセリング

2018年07月05日

こころの伴走者の実際 不登校のカウンセリング

大谷投手も状況によってストライクよりもボールを投げます。それは小豆に見えますが、本当は大納言。大納言ゆえのボールだと信じ、見守ることこそがさわやかな秋風を呼びます。

カウンセリングには、不登校の子供のカウンセリングもあります。

不登校の子供は、「学校をやめたい」と言う事が多いのです。これは前述の「大谷投手の状況による投げたボール」です。
本当は不登校の扉を開きたいのです。こちらがストライクです。
カウンセリングではこの気持ちに寄り沿い扉を開け、さわやかな秋風を呼びます。

多くの場合その子たちに親は「就職できないぞ」というボールを投げ、ストライクは投げません。本当のストライクを見守りいかすのが、不登校の子供のカウンセリングです。


  

Posted by counsellor at 16:17Comments(0)カウンセリング

2018年07月06日

こころの伴走者の実際 人生の方向損失

人生の方向損失は現実だけを根拠にする事なく、マグマ大使の笛も根拠にし、究極的に二つが一つに成れば良いのです。

カウンセリングで人生の方向損失に苦しむ人に、出あいます。

人生の方向損失は、ただ現実だけを根拠に生きてきた人に、ある日突然起きることが多いのです。そのとき鈴愛のマグマ大使の笛のような、危機から自分を救うものが必要になります。

鈴愛は耳の不自由さゆえに、先ずマグマ大使の笛のような危機から自分を救うものが必要だったのでしょう。




  

Posted by counsellor at 15:58Comments(0)カウンセリング

2018年07月07日

こころの伴走者の実際 人生の危機を支える

涼次の「困難にあっても羽ばたきたい」という言葉から、勇気をもらう鈴愛です。

カウンセリングで人生の危機に苦しむ人に、多く出あいます。

人生の危機は純粋さという大きなものにより開かれます。その純粋さは、「困難にあっても羽ばたきたい」という言葉です。その言葉は、勇気を与えます。あとはそれを支え続けることが大切です。



  

Posted by counsellor at 18:35Comments(0)カウンセリング

2018年07月09日

こころの伴走者の実際 人生の危機を支え続ける

耳が不自由でとまどい「どこに目つけてるんだ」と客に言われ、そんな鈴愛を涼次は気づかいます。

カウンセリングで人生の危機に苦しむ人に、多く出あいます。

人生の危機にあった鈴愛は、涼次の「困難にあっても羽ばたきたい」の言葉から勇気をもらいます。あとはそれを支え続けることが大切です。涼次は気づかいにより、支え続けます。

気づかいこそが、人生の危機を支え続けます。
  

Posted by counsellor at 16:35Comments(0)カウンセリング

2018年07月10日

こころの伴走者療法の実際 家族の対応とひきこもりの人

晴のように心配する人は影を見て時の中でハイパーに動きます。いまの鈴愛をただ助けるだけで良い!

カウンセリングでひきこもり状態に苦しむ人に、出あう事も多いのです。

ひきこもりの人は自分と、外の世界の境界を強く意識します。その姿に家族は、ハイパーに動きがちです。
そのためにこころと生活の扉は開かれても、閉じてしまいます。大切なことは家族はハイパーに動くことなく、ただ助ける事です。

  

Posted by counsellor at 15:13Comments(0)カウンセリング

2018年07月12日

こころの伴走者の実際 人生の危機とその支え方

半分暗かった鈴愛が全部青くなるためには律を否定する言葉を用いることなく、関係性によるクリエイトが必要でした。涼次は小さな傘を手放し、雄大な傘を鈴愛に差しだしました。

カウンセリングで人生の危機に苦しむ人に、多く出あいます。

涼次が律を言葉で否定していないように、人生の危機は言葉によっては支えられません。支えるのは関係性そのもの持つ純粋さという雄大な傘です。「自分を何ら守る必要がない」という、その人に差しだされた雄大な傘こそが人生の危機を支えます。





  

Posted by counsellor at 16:01Comments(0)カウンセリング

2018年07月13日

こころの伴走者の実際 家族を人生の危機に導かないために

仙吉は、「五平餅目当てだった秋風先生も鈴愛に会い人様を利用する事をやめ、人がかわった」と語ります。

カウンセリングで人生の危機に苦しむ家族に、多く出あいます。

それは多くの場合、家族関係の持つ純粋さよりも支配関係が中心に置かれた結果です。

支配関係が中心に置かれるのは、大きな無知によります。その無知は「人はかわりえる」ことを知らないというものです。
この無知こそが家族を危機に陥れます。




  

Posted by counsellor at 16:11Comments(0)カウンセリング

2018年07月17日

こころの伴走者の実際 心配しすぎる母親を支える

鈴愛を心配する晴に仙吉は「今までは自分の夢の実現、これからは涼次君の夢を応援する」と語り、人生を大きく捉えることにより心配を減らしていきます。

カウンセリングでに、子を心配しすぎる母親に多く出あいます。

それは人生を大きく捉えることができないゆえの心配です。仙吉のように人生を大きく捉え、それを伝え心配を減らしていきます。
その差しだされた雄大な傘に守られ、「自分を心配から守る必要がない」ことに気付きます。


  

Posted by counsellor at 14:51Comments(0)カウンセリング

2018年07月18日

こころの伴走者の実際 家族の落とし穴と危機

叔母は「最初が肝心だからね」とひそひそ話。多くの場合⇒「だから甘く見られないようにしましょう」。この発想により「人はより良くなるんだ」という最も大切なものが欠け、皆が生きる幅を狭くしています。

カウンセリングで家族関係の危機に苦しむ家族に、多く出あいます。

それは、大きな無知によります。その無知は「人はより良くなるんだ」ことを知らないという事です。この無知により生きる幅が狭まり、家族を危機に陥れます。


  

Posted by counsellor at 15:55Comments(0)カウンセリング