さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2018年12月08日

こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 54

閉塞感は言葉の手りゅう弾を、投げざるを得ない状況をつくります。いま萬平さんたちは釈放されただけではなく、閉塞感からも解放されました。

こころの伴走者療法による不登校のカウンセリングについて述べます。   

不登校のカウンセリングの注意点は、不登校の人とその家族は閉塞感の中にいるという事です。その閉塞感は、言葉の手りゅう弾を投げざるを得ない状況をつくります。その手りゅう弾は自己破壊的なものです。新しい世界の扉を開くことにより、その閉塞感から脱出する方向に進む時、自己破壊性と言う愚かさから脱出します。

こころの伴走者は新しい世界の扉を開き、自己破壊性と言う愚かさから脱出します。




あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 57 (2018-12-14 13:46)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 56 (2018-12-12 13:00)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 55 (2018-12-10 13:25)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 53 (2018-12-07 13:15)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 52 (2018-12-06 15:24)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 51 (2018-12-05 14:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 54
    コメント(0)