さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2018年07月10日

こころの伴走者療法の実際 家族の対応とひきこもりの人

晴のように心配する人は影を見て時の中でハイパーに動きます。いまの鈴愛をただ助けるだけで良い!

カウンセリングでひきこもり状態に苦しむ人に、出あう事も多いのです。

ひきこもりの人は自分と、外の世界の境界を強く意識します。その姿に家族は、ハイパーに動きがちです。
そのためにこころと生活の扉は開かれても、閉じてしまいます。大切なことは家族はハイパーに動くことなく、ただ助ける事です。



あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 38 (2018-11-17 13:05)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 37 (2018-11-16 13:19)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 36 (2018-11-15 14:06)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 35 (2018-11-14 13:47)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 34 (2018-11-13 14:27)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 33 (2018-11-12 13:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
こころの伴走者療法の実際 家族の対応とひきこもりの人
    コメント(0)