さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2018年05月08日

こころの伴走者療法の実際 家族と進路のくい違いに苦しむ人のフィニッシュ


梟町から東京に行っても支え合っているからこそ、旅立っていけます。ただし今いる所を引きずってはいけない、だから「持っていかなくていい、送る」のです。

カウンセリングで家族と進路のくい違いに苦しむ人に、出あう事も多いのです。

その人が全てを自分で握ろうとする人との関係を切るのではなく、カウンセラーとスズメが巣立つように育んでいきます。その最後のフィニッシュは支え合いです。けっして引きずりではありません。

こころの伴走者は支え合いに向けて、ともに走り続けます。




あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 38 (2018-11-17 13:05)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 37 (2018-11-16 13:19)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 36 (2018-11-15 14:06)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 35 (2018-11-14 13:47)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 34 (2018-11-13 14:27)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 33 (2018-11-12 13:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
こころの伴走者療法の実際 家族と進路のくい違いに苦しむ人のフィニッシュ
    コメント(0)