さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2018年05月07日

こころの伴走者療法の実際 長い間神経症に苦しむ人のカウンセリング

写真家の父は見えない所に目を向け「律は心のどこかでミスを自分に仕向けた」と語り、「これで律も期待に応えないで自分らしく生きられる」とパチリ

カウンセリングで、長期間カウンセリングを受けても効果の出ない人に出あう事も多いのです。

長期間カウンセリングを受けても効果の出ない人は理解にこだわり、迷路に入っています。それは写真家が「律は心のどこかでミスを自分に仕向けた」でパチリと写真を撮ったようなものです。だがこころの伴走者療法では「これで律も期待に応えないで自分らしく生きられる」と迷路から抜け出せるようにアドバイスします。

迷路の扉を開けるのは理解にこだわらない、前向きなサポートです。前向きなサポートにより迷路の扉は自(おの)ずから、かつ自(みずか)ら開きます。

このように前向きなサポートをエンジンとして、こころの伴走者はともに走り続けます。



あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 38 (2018-11-17 13:05)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 37 (2018-11-16 13:19)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 36 (2018-11-15 14:06)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 35 (2018-11-14 13:47)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 34 (2018-11-13 14:27)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 33 (2018-11-12 13:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
こころの伴走者療法の実際 長い間神経症に苦しむ人のカウンセリング
    コメント(0)