さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2018年05月04日

こころの伴走者療法の実際 家族と進路のくい違いに苦しむ人の最後のハードル


「それだけではなく、鈴愛と晴がお互いに必要としあっているからこそ内側から止められそうになっている」と気づきます。

カウンセリングで家族と進路のくい違いに苦しむ人に、出あう事も多いのです。

このような場合こころの伴走者療法に連絡があったとき、先ずカウンセラーはただ聴きその人たちの苦しみを理解します。それにプラス全てを自分で握ろうとする人の心配を取れば、冷静な判断に至ります。

ただし最後のハードルもあります。それは全てを自分で握ろうとする人との間には、お互いに必要としあっていることもあります。こころの伴走者療法ではこの関係を切るのではなく、スズメが巣立つように育んでいきます。

こころの伴走者は巣立ちに向けて、ともに走り続けます。




あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 38 (2018-11-17 13:05)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 37 (2018-11-16 13:19)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 36 (2018-11-15 14:06)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 35 (2018-11-14 13:47)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 34 (2018-11-13 14:27)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 33 (2018-11-12 13:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
こころの伴走者療法の実際 家族と進路のくい違いに苦しむ人の最後のハードル
    コメント(0)