さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2018年04月23日

こころの伴走者療法の実際 本人への家族の接し方

相手の気持ちを引きだせるように話すことは、より正確には話すことではなく聴くことです。

こころの伴走者療法に連絡があったとき、本人も家族も説得することはありません。


先ずカウンセラーはただ聴き、苦しみを理解します。説得は本人の力を奪う事こそあって、引き出しません。多くの場合家族は本人を説得しようとしがちです。同じようにこれも本人の力を奪う事こそあって、引き出しません。

そこで家族はカウンセラーと説得ではなく、本人の気持ちを引きだせるように話すことを学びます。

このように常にこころのベクトルを前に向けて、こころの伴走者は家族と本人とともに走り続けます。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 16 (2018-10-19 13:04)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 15 (2018-10-18 14:07)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 14 (2018-10-17 15:14)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 13 (2018-10-16 12:37)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 12 (2018-10-15 12:57)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 11 (2018-10-13 14:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
こころの伴走者療法の実際 本人への家族の接し方
    コメント(0)