さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2018年04月14日

こころの伴走者療法の実際 親の立ち直り

親失格と元気のない晴に、鈴愛は左耳の中で広がる小人の楽しい世界を律と作った玩具で伝えます。否定的な言葉は閉じた世界に、自分自身を閉じ込めます。だが鈴愛と律は開かれた世界に生き続ける事により、小人も現れ身方になります。晴も立ち直ります。

カウンセリングで、こんな「親の立ち直り」に出あう事も多いのです。

こころの伴走者療法にこのような連絡があったとき、先ずカウンセラーは親に寄り添います。次に考えなければいけないのは、子供の努力です。

親より前を歩む子供は、親を引っぱっています。
大人は言葉の世界に支配されがちです。だが子供は支配されずに、行動します。

カウンセラーが親に寄り添うことにより、子供の引っぱる機関車に親も連結され困難も自然に解決されていきます。
このように常にこころに寄り添いながら、こころの伴走者療法は親子を連結させ走り続けます。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 57 (2018-12-14 13:46)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 56 (2018-12-12 13:00)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 55 (2018-12-10 13:25)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 54 (2018-12-08 14:20)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 53 (2018-12-07 13:15)
 こころの伴走者療法の実際 不登校のカウンセリング 52 (2018-12-06 15:24)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
こころの伴走者療法の実際 親の立ち直り
    コメント(0)