さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2018年10月02日

こころの伴走者療法の実際 拒食症のカウンセリング 2

新扇風機マザーのそよ風は鈴愛の母晴にまで届きます。個人の世界が終わる時、メロディーは家族に現れます。

カウンセリングで拒食症の女性に出会う事も多いのです。

拒食症の改善には家族療法が有効です。拒食症の女性はひとりで家族のいない所で、食事をとります。気持ちが閉ざされています。その閉ざされた心を家族療法で、家族との食事にまで進めていきます。そのための家族間の話し合いが、家族療法によるカウンセリングです。それは拒食症の人の世界が終わるように、家族がメロディーを奏でるようです。

こころの伴走者は、そのために家族ともともに走り見守ります。

  

Posted by counsellor at 14:25Comments(0)カウンセリング