さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2018年05月24日

こころの伴走者療法の実際 こじれた家族関係からの脱出と神経症の改善


今アメフト正人は【悪い奴だ印のナイフ≫で切られっぱなし。そのナイフでいくら切っても、絶対にそのナイフは残るので、他者を悪い奴だと言って切るという悪い行いは残り、究極的善に至れません。

カウンセリングで、「こじれた家族関係」に出あう事も多いのです。

それは多くの場合、長期間改善しない神経症の人とその家族です。その家族関係は【悪い奴だ印のナイフ≫で切りまくり状態です。こころの伴走者療法ではカウンセラーがそのナイフの無意味さを家族に伝え、刃を錆びらせます。その刃が錆びるのと同じスピードでこじれた家族関係と、長期間改善しないノイローゼの人の改善は進みます。

こころの伴走者は【悪い奴だ印のナイフ≫の刃を錆びらせながら、神経症改善に向けともに走ります。


  

Posted by counsellor at 16:33Comments(0)カウンセリング